授かり婚の顔合わせはいつやるの?失敗しないためにしておくべき7つのこと

妊娠が分かり授かり婚で入籍したわたしたちには、たくさんの問題がありました。
両家の顔合わせもその一つ。

本来は、入籍前にやっておくべきことなのに…

ゼクシィも読んでないし、結婚のための情報収集もしてません。
まったくのノープラン。
とにかく早くやらなきゃということで、ドタバタの顔合わせになりました。

そんなわたしたちでも、いい雰囲気で顔合わせすることができましたよ。

ぜひ、あなたたちの顔合わせも成功してほしい!
そんな気持ちで、今回は顔合わせで困ったことや、やっておいた方がよかったな~ということまとめました。

顔合わせの前にしておくべき7つのこと

顔合わせの前にすることは意外とたくさんあります。
ただし、その前に絶対にしなければいけないことが一つ。

それは、双方の親へ妊娠の報告と結婚のおゆるしをいただくことです。

顔合わせは、両家の親交を深めるためのもの。
特に、すでに妊娠している新婦側の親からすれば、自分の娘を大切にしてくれるかなど見極める場でもあります。

そのためには、顔合わせはいい気分で両家の親に帰ってもらうことが大切。
顔合わせのいい雰囲気づくりは、当日するのではなく、すでに始まっていると思いましょう。

さて、その大前提が完了しているとして、顔合わせを順調に進めるために決めておくべき7つをこれからご紹介しますね。

①顔合わせの日時

日取りで最も多いのが「挙式の6ヶ月前」で、「大安」など縁起のいい日を選ぶのが通常。

日取りについては、こだわる親の方がこだわりが強かったりします。
自分たちがいつでもいいと思って決めてしまうと、せっかく快く結婚を了承してくれても台無しになってしまうことも。

ただし、妊娠中はつわりなどで、体調のことも考える必要があります。
ひどい場合は時期をずらすなど、親に相談しながら調整することが大切です。

また、時間帯はランチの時間帯が一般的。
両家とも近かったり、お酒を飲みながらだと話が弾む場合はディナーの時間帯も問題ありません。

ただし、お酒が入って失礼なことを言ってしまったり、とたんに怒ったり落ち込んで泣いてしまうという心配がある場合はお酒を飲まないようにするのがおすすめです。

食事会の時間は2時間程度を目安にしましょう。

②顔合わせの場所を決める

僕らの場合、両家ともそれほど家は遠くないので助かりました。
それぞれ、大阪と淡路島。

移動時間的にだいたい中間にあるのが神戸。
彼女が住んでいるということもあり、あっさり決まりました。

住んでいる場所が遠い場合は中間がお互いにとって公平ですが、結納をする場合はどちらかにするというのも負担の偏りがなくなりますよ。

③顔合わせで失敗しないお店選びの5つポイント

・雰囲気が落ち着いて話せる
騒がしすぎて落ち着いて話ができないということがないように、顔合わせによく使われるようなお店を選ぶと失敗も少ないです。

店員の対応が悪いと雰囲気が一気に悪くなることもあるので、事前に情報サイトなどでチェックしておきましょう。

・どんな料理が出てくるか
料理は重要です。
和食・洋食・中華など、好き嫌いはないかなど両家に確認しながら決めると、料理の話で盛り上がることもあります。

また、アレルギーなどで食べれないものがないか確認出来たら、その食材は使わないようにお店に連絡しておくと、対応してくれます。

このとき、妊娠中に食べれないようなものやアルコールが入るようなものは絶対に出さないように、妊娠していることも伝えましょう。

・簡単にたどり着けるか
駅などから遠いと道に迷ったり、着いた頃に疲れてしまったりと大変。

遅れて予定時間を大幅に超えてイライラすると、いい雰囲気づくりはむずかしくなります。

駅の近くにしたり、簡単にお店にいけるような工夫をして妊婦に負担をかけないように気をつけます。

・個室
個室は落ち着いて話すことができる空間づくり。
婚約指輪など婚約記念品を交換したり、写真を撮ったりする場合に周囲に気をつかいません。

・費用を決める
食事代や交通費、場合によっては宿泊費など、両家の負担がなるべく少なくすむようにしたり、誰が支払うのかなど決めておくと当日はスムーズです。

④両家の席順

席順が気に入らなくて、不機嫌になってしまい、終始雰囲気がよくなかったなんてこともあります。
お店が決まったら、席順を確認しましょう。

⑤顔合わせの服装

服装はお店の雰囲気に合ったものを選びましょう。

両家でそろえることが大切です。
片方だけがカジュアルすぎたり、フォーマルすぎたりということがないように、事前に話し合いましょう。

一般的には男性はスーツ、女性は肌の露出が少ないようなワンピースやスーツ。
着物で揃えるというのも両家の話し合いで出てくるかと思います。

しかし、妊娠中はカジュアルな服装に揃えて、なるべく負担の少ないようにします。
特に、妊娠初期は新婦さんの体調は不安定。

とりつ返しがつかないことがないようにきちんと話し合いましょう。

⑥顔合わせで手土産を用意するか

手土産をどちらかの家だけが用意してくると、もう片方は気まずいですし、用意した方はこっちは用意してきたのにと不満が出ます。

そんなことにならないように、事前に決めておきましょう。

お互い気をつかわないようにと進めても大丈夫ですし、そこはきちんとしようとしてもOK。
ただし、用意するにしても金額に差がないようしましょう。

用意する場合は、菓子折りや地元の名産などで縁起のいいものを選ぶといいです。
また、相手の好みのものを好きなものなどを用意できると、いい関係が作りやすくなります。

⑦顔合わせの進行

顔合わせにも「進行」があるのはご存知ですか?
僕は知りませんでした。

顔合わせって、どこでやるんだろうと軽い気持ちで調べて知りました。
こうやって進行するみたいな記事がたくさん出てきて・・・

顔合わせって、お互いの両親を紹介するだけでいいと思ってたのでビックリ。

うちの親は、どちらも「すでに入籍してるし、食事だけで大丈夫」ということで、簡単な進行ですみました。

一般的にはこんな感じで進みます。

1.はじまりの挨拶
2.お互いの両親の紹介
3.婚約記念品の交換
4.記念撮影
5.乾杯と食事
6.おわりの挨拶とお礼

とはいえ、会話が弾まなかったらどうしようなんて不安はありました。

簡単な食事だけど、婚約指輪のお披露目を楽しみにしてる嫁さん。
婚約指輪をみて、嫁さんのご両親は喜んでくれるのかなんてことも気になりました。

結果、進行はグダグダだったけど、とにかく僕の両親がマシンガントークで場は盛り上がりました。

やっぱり婚約記念品は話が盛り上がります。
食事中などは話が途切れてシーンと場が盛り下がることがないように、事前に話題を用意しておきましょう。

仕事、趣味などは鉄板です。

親の記憶にもよりますが、僕の場合は小さい頃の思い出話でかなり盛り上がりました。

両親にはしゃべりすぎと注意したものの、楽しい顔合わせになって両親に感謝。

気になっていた婚約指輪も見てもらって、嫁さんも嫁さんのご両親も喜んでくれたので、一安心でした。

顔合わせの食事で気をつけることは?

もっとも気をつけるのは妊婦さん

とにかく、どんなに場がよくなろうとも妊婦さんの体調が悪くなるのが一番よくありません。

両家の関係をよくしたいと無理してしまったり、進行に気をつかって彼女の体調に気づけないというのは避けましょう。

昔と今とでは、妊娠や出産についての常識はまるで違います。
ご両親が気づかれなくても、自分たちでなんとかなるように妊娠中の体調のコントロールは両家の関係以上に気をつけるようにしましょう。

話題には気をつける

うちは両家とも野球観戦が趣味で僕の親は阪神ファン、彼女の親は巨人ファンとなって一瞬きまずい空気も…(笑)

スポーツ観戦の場合などは熱烈なファンな場合ほど気をつけてなるべく話題に出さないようにすることが無難です。

他にも、宗教の話はしない方がいいでしょう。

予想外の失敗は起こります

これまで、6つのポイントや他に気になる点をお伝えしました。
それでも、予想外のことというのは起こります。

そんな失敗やピンチを乗り越えるためには協力が必要です。

新しく夫婦としての協力はもちろんですが、両家の協力もあれば心強いですよね。

妊娠してるから、体調が第一優先ということ、なにかあったら助けてほしいということをお互いの家にそれぞれ伝えることでなにかあったときに、助けてくれます。

あなたがたご夫婦が最高の顔合わせを迎えられることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました